1. 君の体温歌詞

「君の体温」の歌詞 クワガタP,らむだーじゃん

2010/6/16 リリース
作詞
クワガタP
作曲
クワガタP
文字サイズ
よみがな
hidden
あざやかにひかるそのいろ
らわれてあゆみをめた
くしてただせつなくて
もとめたのはまぼろし

なつかしいきみこえいたよ
いまはもうはるかとおひびおと
ぬくもりがしくてつないだ
ぼくあいなんてよんだ

はないてつきちて
また景色けしきえて
ここにいたこと きみ体温たいおん
わすれていつかつめたく それだけさ

見慣みなれたまちひとりである
きみのいない場所ばしょさがして
綺麗きれい記憶きおくがちらつくから
つむってはまたころんだ

もしもなんてさくちにしたって
わらない未来みらいがあるだけと
気付きづいてるのにばして
またかなしいうそ

はなれて つきえて
また季節きせつって
そばにいたこと きみ感触かんしょく
えて まるでなにもなかったかのように

ぼくらがちかった永遠えいえん
惰性だせいてにくさったね
ふゆはる
なつあきねむったなら
出会であえたことをかったと
おもえるるかな?

いつまでも いつまでも
きみわらっていたかったよ

さびしいよる二人ふたりあさ
だれかがぼくえて
それでいいよ きみ体温たいおん
わすれていつかねむって
さようなら いときみ
もどれないならぼくからえてよ