「無縁坂」の歌詞 グレープ

1975/11/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
ははがまだ わかころ
ぼくをひいて
このさかのぼたび
いつもためいきをついた
ためいきつけば それで
うしろだけは ちゃだめと
わらってた しろ
とてもやわらかだった
うんがいいとか わるいとか
ひと時々ときどき くちにするけど
そうゆうことって
たしかにあると
あなたをみててそうおも
しの不忍無縁坂しのばずむえんざか
かみしめるよう
ささやかな
ぼくはは人生じんせい

いつかしら ぼくよりも
ははちいさくなった
らぬまに しろ
とてもちいさくなった
はははすべてを こよみきざんで
ながしてたんだろう
かなしさや くるしさは
きっとあったはずなのに
うんがいいとか わるいとか
ひと時々ときどき くちにするけど
めぐるこよみ季節きせつなか
ただよいながらぎてゆく
しの不忍無縁坂しのばずむえんざか
かみしめるよう
ささやかな
ぼくはは人生じんせい