1. 縁切寺歌詞

「縁切寺」の歌詞 グレープ

1976/1/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
今日きょう 鎌倉かまくら
ってました
二人ふたりはじめてあるいたまち
今日きょうのあのまち
人影少ひとかげすくなく
おもひたるには
十分過じゅうぶんすぎて
源氏山げんじやまから 北鎌倉きたかまくら
あのとおなじ道程みちのり
たどりついたのは
縁切寺えんきりでら

ちょうどこのてら山門前さんもんまえ
きみは突然とつぜんきだして
ねがいここだけは
してあなたとの
いとがもしれたなら
きてゆけない
あの日誰ひだれかに
たのんでった
一枚いちまいきりの一緒いっしょ写真しゃしん
おさめにました
縁切寺えんきりでら

きみ今頃いまごろ しあわせでしょうか
一度いちどだけまち
かけたけれど
紫陽花あじさいまでは
まだがあるから
こっそりときみ
ばせてください
ひとえんとは
不思議ふしぎなもので
そんなきみからわかれの言葉ことば
あれから三年さんねん
縁切寺えんきりでら