「トモダチ」の歌詞 ケツメイシ

2002/2/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ずっとともだち だがとき
わりゆくまちなかともそだ
このまちから力溜ちからたいちからの
スタートをったきみさちあれ

ずっとともだち だがとき
はなれたまちまち別々べつべつみち
えらんだり Randomランダムされた人生じんせい
ともきてるきみさちあれ

あれから いくつかのとし
かさねていつのぎてた日々ひび
意味いみもなく かたかした公園こうえん
鉄棒てつぼういまじゃ ちいさく
えてた あのやまこうも
いまじゃマンションだらけコンクリート
ゆっくりと ながれた時間じかん 気付きづかぬうちごした
未完成みかんせい期間きかん ジタ バタ しながらも
たままのものしんじた そしてわらった
あのころのダチ まちからはなれても わらず
おな気持きもちで わらず このまち
また出会であったなら そのあし
さらわったまち つめながら
かたかそう あのころ気持きもちで

おれらは出会であって 何年経なんねんたってんだっけ?
もどかしい 矛先ほこさきを そこらに 大人おとな
ぶつけたがおそわりながら 大人おとな
なったいま わかったいま おれたちはともだち
歴史れきし寝息ねいきともわる景色けしき
なつかしい街並まちなみは たちまちに あちらに
そだったまちから 巣立すだったダチでも
わらない気持きもち それこそがいのち
あれから何年なんねん あせばらまいて
まえらは はしつづけてるだろう
つね前上まえうえ てる める mywayマイウェイ
気持きもちでいのり それがいとしい

はなれても あたえて ざまにやられて
ともとものぼして 本物ほんものおとこ
なる わかるまでが ともわる
なあ そうだろう? そうなろう またおう わらって

ずっとともだち だがとき
わりゆくまちなかともそだ
このまちから力溜ちからたいちからの
スタートをったきみさちあれ

ずっとともだち だがとき
はなれたまちまち別々べつべつみち
えらんだり Randomランダムされた人生じんせい
ともきてるきみさちあれ

わりゆく まちなか時経ときた
おもおもかたちにして旅立たびだ
もう見慣みなれたのか 景色けしき 見上みあげたそら
いつのにか ほしかず へった夜空よぞら
とおく どこに るだろうか とも
とどく ほどに 声上こえあげた "ここだ"

あのから ときながれのなか あのまちはどこか おも出置でおいたまま
気付きづかず わすれることも あるだろうが
あのころかられば ともそだ大人おとな
むね夕日ゆうひいろ きついてますか
ともながしたなみだ かわいてますか
おれ別々べつべつみち すすすすめば 明日あすおれらを つく
わってくなか わらないものもあるから
つねむねきみゆめ

だれ かれと わかかさ
それぞれと あたはな
未知みちかって はしみちのり
一途いちずとおとどたがながみちのり

だれ かれと わかかさ
それぞれと あたはな
いくつもの出会であいは 理屈りくつないねがい おまえ
おれ財産ざいさんだと ここにいたんだ

あらたなる 旅立たびだちのまえ
きみおもいを
いつかはなせよ またったなら
すべてはなせよ またったなら

またあらたな その気持きもちをむね
はしきみおもいを
いつかはなせよ またったなら
すべてはなせよ またったなら

いままえ不安ふあんおもこと

いつかはなせよ またったなら
すべてはなせよ またったなら

今思いまおもえば不安ふあんだった あのころ

いつかはなせよ またったなら
すべてはなせよ またったなら

いつかはなせよ またったなら
すべてはなせよ またったなら

いつかはなせよ またったなら
すべてはなせよ またったなら