「リゾラバ」の歌詞 ケツメイシ

2010/7/21 リリース
作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ
文字サイズ
よみがな
hidden
情熱じょうねつのサンバのような あつあま腰付こしつきのきみ
ぼくうばってく
常夏とこなつでリゾートラバーズ
このなつおもきみつくりたいだけ
ねぇ いでしょ? 今一人いまひとりでしょ?
だったらいでしょ? なつおも
だってフリーでしょ? ここはリゾート
だからいでしょ? ねぇ

今年ことしなつはちょっと遠出とおで うみしろ砂浜すなはま風景ふうけい
ひろがるまさにリゾートライフ 未体験みたいけんゾーンにふくらむよ
期待きたいしたい なんでも やりたい世代せだい世界せかいで リゾラバラバラバライフ
あまこい情熱じょうねつのシーズン ただただかれるし まらない
すぐにビーサンいて サンオイル片手かたてにワンコインでうBEER (BEER)
みながら あこがれの黄昏たそがれでもさそわれてただけ
かれるたびにそうかす ほどに常夏とこなつ太陽照たいようてらす
今年ことしなつ期待大きたいだい 未体験みたいけんゾーンのはじまり はじまり

情熱じょうねつのサンバのような あつあま腰付こしつきのきみ
ぼくうばってく
常夏とこなつでリゾートラバーズ
このなつおもきみつくりたいだけ

雑踏ざっとうはな喧噪けんそうわか
今年ことしなつはリゾート 浜辺はまべ
ここでの出会であいはだれらない
一夜ひとよ間違まちがわけもいらない
そべりながら びるビール
ビキニギャル 日差ひざしもにしみる
とそのとき 浜辺はまべたたずきみうばわれた視線しせん
てしまうよ しきり
もう一生いっしょう えないかも
いまきみ いろあせないだろ
ならばとなり腰掛こしか
たがなにらない ノリだけ
意味いみなく
夕日染ゆうひそまるころ から
かんじる吐息といき ほほみみまで
なが はじまる ぼくきみだけ

情熱じょうねつのサンバのような あつあま腰付こしつきのきみ
ぼくうばってく
常夏とこなつでリゾートラバーズ
このなつおもきみつくりたいだけ

砂浜すなはま あでやかな花開はなひら
このあつさに誘惑ゆうわくから
そしてまわす まさになつ
おさえきれないこころさわぎだす
かれ気分きぶん情熱じょうねつのサンバ
ながれるナンバー えたかいパン
これはける あつさのせいさ
それともまぶしいきみのせいか?
ヘイガール! 一人ひとりにはしたくない
二人ふたりだけであわゆめたくない?
れる胸元むなもとぼく
れる視線しせんつらぬむねおく
タンゴ ルンバ ランバダにサンバ
つぎおどるのはぼくらのばん
あまにがこいけてく
このまま今夜こんや きみおぼれてく…

なつだけでもえてみたい
あわこいにもこのめてみたい
情熱じょうねつがされた ぼくきみちていく
一度いちどだけでもえてみたい
あま誘惑ゆうわくいまっていたい
たわむれる二人ふたりつつむそのびていく

情熱じょうねつのサンバのような あつあま腰付こしつきのきみ
ぼくうばってく
常夏とこなつでリゾートラバーズ
このなつおもきみつくりたいだけ
ねぇ いでしょ? 今一人いまひとりでしょ?
だったらいでしょ? なつおも
だってフリーでしょ? ここはリゾート
だからいでしょ? ねぇ