1. 伝説男歌詞

「伝説男」の歌詞 ケツメイシ

2004/4/21 リリース
作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ
文字サイズ
よみがな
hidden
保切たもつにきる」といて 「ポキール」とむ ナイス感覚持かんかくも戸越とごしアイツ探索たんさく
いまだからポケベル ときすらもめてる 「栓抜せんぬき」はだから 「原付げんつき」は花柄はながら
腹巻はらまきにプーさん がらまじにうるさい こだわり おざなり するやつはおだまり
食事しょくじはもっぱら 十徳じゅっとくナイフでも おなかはそれほど つよくない
所詮仕様しょせんしようもない 保険証ほけんしょうもないから医療費いりょうひ100%ひゃくパー 亀頭きとうにはカウパー
せんをしよう」におうぞ 免許証めんきょしょうはゴールド 天涯独てんがいひと なりてんだ キコリに
われてるぜ方々ほうぼうGOゴー HOMEホーム! ヘルメット よくれば 剛毛ごうもう
3食さんしょくラーメン やつ趣味しゅみ 献血けんけつ 鮮烈せんれつ 男伝説おとこでんせつ

はだかかたるほど矛盾むじゅんなこのひとに このひかり
背中せなかかたるほど純粋じゅんすいなこのひと伝説男でんせつマン

戸越とごし町生まちいきるラストサムライ 油大好あぶらだいすみずはじく35歳さんじゅうごさい
平熱8度5分へいねつはちどごぶ あせはじけぶ それは昭和43年式しょうわよんじゅうさんねんしきボディと
寝起ねおきは一人裸腹筋ひとりはだかふっきん ラジオ体操倍速たいそうばいそくでフリチン
そのままホフク前進ぜんしん 田中たなかさん 牛乳ぎゅうにゅうワシヅカミ
げんチャでおかけ おまわりと腕立うでた
左折させつ夢掛ゆめか高田馬場たかだのばばまで
ラーメン ストレート 硬麺かためん
カレーはストリート 片手かたて
戸越とごしのコギャルは全員ぜんいん会釈えしゃく
きつけのパブでドンペリは手酌てじゃく
よるでもグラサンです かたがれる男伝説おとこでんせつ

やつだれか またあらわれた大都会だいとかい いや まちのはずれか
また何処どこかで えるころまでいてくれ 伝説でんせつのままで
やつだれか またあらわれた大都会だいとかい いや まちのはずれか
また何処どこかで えるころまでいてくれ 伝説でんせつのままで

みちをあけろ なんてこえもあげず
きたいとこ何処どこでも しろバイが5台ごだい したがえて間違まちがえて
高速道路50ccこうそくどうろごじゅっシーシー独走どくそう 「こなくそ」精神せいしん 左折させつのみで前進ぜんしん
だまる コギャルすらも全員ぜんいん 会釈えしゃくするほどの強者つわもの
手酌てじゃくするカレーはもの

前海まえかいパン 縦縞たてじま大胆だいたん 毎晩まいばんバナナラマいて快感かいかん
背中せなかなにかたらないが ベルトはくてもズボンがらない
コート トレンチ、タイツ オレンジ、合言葉あいことば「オレんでフレンチ!」
大都会だいとかいのマイトガイなナイスガイは体育大たいいくだい
伝説でんせつわらない

やつだれか またあらわれた大都会だいとかい いや まちのはずれか
また何処どこかで えるころまでいてくれ 伝説でんせつのままで
やつだれか またあらわれた大都会だいとかい いや まちのはずれか
また何処どこかで えるころまでいてくれ 伝説でんせつのままで

はだかかたるほど矛盾むじゅんなこのひとに このひかり
背中せなかかたるほど純粋じゅんすいなこのひとに このSTORYストーリー

とく目立めだつわけでもなく みちのり つらぬくただ一人ひとり
ぼくかたるわけでもなく つたわるそのHISTORYヒストリー 伝説男でんせつマン

座右ざゆうめい ALLオール FORフォー オレ
世間せけん にもめん
さき ゴールとはオレ
愛読書あいどくしょ ニーチェ
ここぞのげい はなからめん
になるもの ゴルゴの視線しせん
もとハムのひと ナイフでべる
きなおさけは タンタカタン