1. 冬物語歌詞

「冬物語」の歌詞 ケツメイシ

2007/11/21 リリース
作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ
文字サイズ
よみがな
hidden
わらない ふゆそらからゆき
わったはずの ふゆこいかさなる
わらないまちしろ粉雪舞こなゆきま
わったのは きみがいなくなったことだけなのに

おもきみささや
おもゆきかがやきに
おもきみぬくもり
おも冬物語ふゆものがたり

さむよる ほしえる
なのにきみぬくもり とおえる
こんなだから きみがいたなら
わったはずのこい今更いまさら
おもすはず もどりたくなる
そのたび心痛こころいたくなる
ゆきかさなって からまって
かたらっていたおもが まだあって
昨日きのうのようで とお記憶きおく
のぞよる いきしろ
ひとらず 粉雪こなゆき
出来できない きみとのおも 粗末そまつ
おもす あのきみささや
ここにある なおきみかがや
この頃辺ころあたきみことばかり
おもす あのころ 冬物語ふゆものがたり

おもきみささや
おもゆきかがやきに
おもきみぬくもり
おも

見上みあげたそらは またおもしろ
見慣みなれたまち 冬支度ふゆじたくいそ
しずかにとも街灯まちあか
おもさびしさ あののままに
いつかはわすれていくの?
その記憶きおくはかすれていくの?
いや いませない くせない
きみのぬくもリ いまわすれない
あのとき 素直すなおえばかった
気持きもつたえきれずに わった
まだてられない このマフラー
むねおものこわず
舞降まふゆき はかなつづ
こころのためいき せつなく うず
けてしまえば このゆきのように
いつかは いたみがくなるのに

ゆきかざられた きみとのこい
ひらうえすこ
そこにいるはずきみ姿すがた
さがすぼくいま 過去かこげる
ゆきなかきみかさねる

わらない ふゆそらからゆき
わったはずの ふゆこいかさなる
わらないまちしろ粉雪舞こなゆきま
わったのは きみがいなくなったことだけなのに

おもきみささや
おもゆきかがやきに
おもきみぬくもり
おも冬物語ふゆものがたり

粉雪こなゆき
ゆき
とおそら おもえていく

粉雪こなゆき
ゆき華咲はなさ
きみをおいて 季節きせつはまためぐ