1. 太陽歌詞

「太陽」の歌詞 ケツメイシ

2003/8/20 リリース
作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ
文字サイズ
よみがな
hidden
太陽たいようはずっと おれらを らす Oh
きみつらいときも ずっと そらうえ
これからも 太陽たいようはもっと おれらをらす Oh
たまのあめれわたるように
太陽たいようでいよう

太陽たいよう今日きょうのぼあおそらしろくもながときめぐみのあめ
れてはくもくもぞら雨降あめふつねに これをかえいままでも
真上まうえとりのように げてなりたいな自由じゆう
でもけじとえてつらえたとき そら いつもよりもあおかった
太陽たいようらされてつきかがやく そのひかつき何思なにおも
ひとのあたるところばかりえらあるくと いつかはそのかげえなくなる
つらくらながよるつづくが いまに すぐにこのよるける
今日きょうくらでも 明日あすひがしそらへまたのぼ

太陽たいようはずっと おれらを らす Oh
きみつらいときも ずっと そらうえ
これからも 太陽たいようはもっと おれらをらす Oh
たまのあめれわたるように
太陽たいようでいよう

太陽たいよう真下ましたからはしした なんおれ此処ここに やってしまったことに
なやんでいるとき 見上みあげれば そこに わらずおれらしてくれる
太陽たいよう今日きょうまわる そしておれらに物語ものがた
ただ背中せなかやさしくすように おれすすむべきみちほう
れのない ないはないというが
にしないできるひとはわりと優雅ゆうが
なんで そんなに おれのことをている?
なんでこんなにも おれのことをってる?
たからかな気持きも気負きおいなくすすあらたなるみち
どこまでもつづく しかしながら なだらかとおもわせるだろう
そんなひかり 太陽たいようおれびてたいの このさきともにまいろう

太陽たいようはずっと おれらを らす Oh
きみつらいときも ずっと そらうえ
これからも 太陽たいようはもっと おれらをらす Oh
たまのあめれわたるように
太陽たいようでいよう
太陽たいようれても 太陽たいようでいよう 太陽たいようでいよう

わらずやわらかく太陽たいよう
そそひかり何思なにおも
かならあたたかく太陽たいよう
すす未来みらいかじ

いまがあって 過去かこがあって きみになって
いつしかゆめって ときがたって イヤになっても
でもわらってこう つらくなっても
成功せいこう見守みまも太陽たいよう雨降あめふりの太陽たいようむね
結果けっかおそれず太陽たいようのせいに すればいい きみ太陽たいよう

くもりのあめおなそらした
いつの今日きょう明日あしたまたれる
くもりのあめも あのくもうえ
太陽たいようえなくても ぼくらを見守みまも

太陽たいようはずっと おれらを らす Oh
きみつらいときも ずっと そらうえ
これからも 太陽たいようはもっと おれらをらす Oh
たまのあめれわたるように
太陽たいようでいよう
太陽たいようれても 太陽たいようでいよう 太陽たいようでいよう