1. 少年と花火歌詞

「少年と花火」の歌詞 ケツメイシ

2014/7/23 リリース
作詞
ケツメイシ
作曲
D.N.A.INSTRUMENTAL,ケツメイシ
文字サイズ
よみがな
hidden
そらがる花火はなび
ぼくこえをかきけした
とおはなれても またここで
ようねって 約束やくそくしたかったんだ

はじめてきみったなつ
わすれないあれからときつのに
けたはだ しろ 坊主頭ぼうずあたま
いたずらにわらう あそこの川原かわら
どうしていいか からないぼく
ひたすらきみ背中せなかだけった
川遊かわあそたのしい 草木くさきかお
けるようなそら どこまでもあお

かえる カブトムシにオケラ バッタ
ものすべてが新鮮しんせんだった
鈴虫すずむしリンリン せせらぎに
最期さいごさけとおくからミンミン
あのなつ ほうげたノート
みな必死ひっしけたトンボ
夕立ゆうだたれ ずぶはしった
気付きづけばわらとも輪交わまじった

きみ最後さいご花火はなび
大空おおぞらをうめつくした
月様つきさまわらってた
ぼくだけは さびしかったんだ

夕焼ゆうやけはまちをオレンジに
とおくからひび囃子はやしおと
なんだかみな あわただしい
とにかくおおきな花火はなびらしい
ひろ河原かわら いつもの穴場あなば
れられて タコせんかじりながら
こおりメロン イチゴぜて合体がったい
乾杯かんぱいしたら花火はなびがった

ひろんない 都会とかい何倍なんばい
真上まうえ夜空満開よぞらまんかい
こなかかると頭押あたまおさえたら
となりきみ わらいこらえた
花火終はなびおわるとさびしい
またつぎなつるよいに
最後さいごよる布団ふとんかくれた
まくらがそっとなみだれた

きみ一緒いっしょ花火はなび
ぼくいま 一人ひとりてる
きみは キレイなほしになって
そらうえからているのかな

きみいたい