「幸せをありがとう」の歌詞 ケツメイシ

2003/10/1 リリース
作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ
文字サイズ
よみがな
hidden
二人ふたりしあわせをねがうように
しあわせな二人ふたり笑顔えがお

ちにった今日きょう舞台ぶたい れぼったい理由りゆう
昨日きのう ねむれず過去かこおもかえす いろいろときみ二人ふたりあったこと
そうとう意地張いじはって ケンカも夜遅よるおそくまでつづいて
でもあきらめずはなってその成果せいか今日きょうのこの舞台ぶたい

いつも そばにいてくれたささえてくれた つらくても 笑顔えがお やさなかった
それでわかった おれ大切たいせつなのはきみこと
そんな くさい言葉ことばめたなみだきみのためだと
この場所ばしょちかいたい ちかいたい
いま きみぼくしあわせを

きみがくれたしあわせを いま ありのままにかたちにしよう
ちかってく
ずっとつづしあわせを いま かみまえ約束やくそくしよう
二人ふたりのために いま

いつでもたいから いつまでもたい そう
おもした ふたりは ここにをつないだ
あめ れのも ふたりならば前向まえむきに
きていける どんな 苦悩くのう苦労くろうけずに
いろいろとあって 勝手かってやって
やがて ふたりこうやって ってって
きみがくれたしあわせは 俺自身おれじしんひからせ
そのすべては みな 俺自身おれじしんちから
らくみちばかり あるわけはないが もう
ひとりではない さみしいみちのりではない
このさきつ いくつもの試練しれん
ふたりおも今日きょうという記念日きねんび
つらいおもかちい わかり
だしたあの日以来ひいらい よろこびは二倍にばい
だから このさきたい ともに このさきたい
舞台ぶたい ってわす あなたとのちか

ここからさき一人ひとりではない なみだするときおれむね
つまずいたらつかまりな このうでに いつでもきみのそばに
ここからさき いつまでも二人ふたり おなゆめともある
ながみちだがわらずこのむね今日きょう この気持きもわすれない

はじめて出会であってからのいままで いくつのあい言葉ことば わしたっけ
最高さいこうおとこでないけど きみおも気持きもだれにもけない
なにきみにしてあげられるとかんがえる時幸ときしあわせになれる
しあわせはひろげてもとめるものでなく つないだなかまれる
このさき なにがあるかわからないが きみはなさない その笑顔えがお やさない
いままでのなみださせたことが あやまおれ大人おとなにした
きみまえ ちかあいかみまえ いま ちかいたい
舞台ぶたい二人ふたり 今日きょう 旅立たびだ
むねにはしあわせのかね

きみがくれたしあわせを いま ありのままにかたちにしよう
ちかってく
ずっとつづしあわせを いま かみまえ約束やくそくしよう
二人ふたりのために いま

二人ふたりしあわせをねがうように
しあわせな二人ふたり笑顔えがお

二人ふたりしあわせをねがうように
しあわせな二人ふたり笑顔えがお

二人ふたりしあわせをねがうように
しあわせな二人ふたり笑顔えがお