「明日の少年」の歌詞 ケツメイシ

2003/10/1 リリース
作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ
文字サイズ
よみがな
hidden
昼下ひるさがりの公園こうえんわらごえこえない
るからにどうせ 気持きもちすらもひろえない
おやばかりやたらにこの時代じだいはばかり
かいつたい やりない馬鹿ばかばかり
レールを意味いみ ちがえ どっかいてる
おなじコース あるかせることに 必死ひっしこいてる
ける体裁ていさい子供達こどもたち繊細せんさい
自分自身信じぶんじしんしんじた道選みちえらぶよ 絶対ぜったい
コンビニの弁当べんとう愛情あいじょう洗脳せんのう
じゃ いつかきば子供こどもたちの返答へんとう
なぐれぬ子供達こどもたち今度こんど 刃物使はものつか
やつれるおやたちは 人様ひとさまにすがり
もうおそい てめえのケツはてめえ自身じしんいとけ
けるなんて無理むり むね手当てあいとけ
言葉ことばではなく 背中見せなかみそだ
子供信こどもしんじろ 再度さいど 子供信こどもしんじよう

すすむだけそんだぜ たされぬおやつくすロマン
まえだけかせて おな方向ほうこう
びるだけそんだぜ たされぬおやそそぐシャワー
がったときだけ かじ

この就職難しゅうしょくなんみこして をさとしてかうさき 高級塾こうきゅうじゅく
熟練じゅくれんした講師こうしの ハードな授業じゅぎょう将来有望しょうらいゆうぼう洗脳せんのうする 無謀むぼう
希望きぼうはサッカーのユニフォーム そとたいと
ねがうもタイトなスケジュールにすでにノックアウト 寸前すんぜん風船ふうせんはりやま
たか月謝払げっしゃはら過度かどのプレッシャー あたつづけたを さらには電車でんしゃにまで
はことおまな まるでかごのなかのカナリア
ましな なに大事だいじおや見栄みえより 子供こどもゆめは?
勝手かってそだむかしは できたこと いま おやまなびな

すすむだけそんだぜ たされぬおやつくすロマン
まえだけかせて おな方向ほうこう
びるだけそんだぜ たされぬおやそそぐシャワー
がったときだけ かじ

息苦いきぐるしくなり えられずに すぐにキレる ときおやびかかる
昔父むかしちちなぐははなぐさめる 一度いちどグレるおや背中見せなかみそだ
かつておや子供こども かねものころ あのおもいをさせないようにと
さずかったうなんでも するとおぼえるよしいものはいると
我慢がまんができないおやおこられない くじけても一人ひとりではなおれない
おやかがみ おやいつ大人おとな誰見本だれみほんきればいい
おや都合つごうまれる 見栄みえ犠牲ぎせいになるものよ
いつまでも 一人食事ひとりしょくじ テレビこれでしあわせかい
おやあいりているのかい

すすむだけそんだぜ たされぬおやつくすロマン
まえだけかせて おな方向ほうこう
びるだけそんだぜ たされぬおやそそぐシャワー
がったときだけ かじ