1. 歩いてく歌詞

「歩いてく」の歌詞 ケツメイシ

2005/6/29 リリース
作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ
文字サイズ
よみがな
hidden
けるとこなら どこでもあるいてく
けるとこまで どこでもあゆんでく
日々ひびこうして きてる
けるとこなら どこでもあるいてく
けるとこまで どこでもあゆんでく
ひととして きてく

みちざされる こえふさがれるときだって
このおもいのままの自分じぶん
ひとあふれてる まちなか雑踏ざっとう横目よこめ
目指めざ場所ばしょもと

まえ でかいかべあるとしよう
ときくらくつらくなるとき
おれがここまでみち ウソは
なが遠回とおまわりも その都度笑つどわら
まぁまぁ そういうもんだろう
なが人生じんせい なやむだけそんだぞ
やるやるってやらね それまで
明日勝あすかつため 力溜ちからため どれだけ
そこ ここ どこでも れるほど
大事だいじなの なにかをこすこと
ただしいかなんてからね
きっとこのさき なにわらね
さぁ おもったところからが人生じんせい勝負しょうぶ
そこにったならば きっともう大丈夫だいじょうぶ
あせかくぞ あるこう 明日あす楽勝らくしょう
それくらいの気持きもちで いいはずよ

けるとこなら どこでもあるいてく
けるとこまで どこでもあゆんでく
日々ひびこうして きてる
けるとこなら どこでもあるいてく
けるとこまで どこでもあゆんでく
ひととして きてく

みちざされる こえふさがれるときだって
このおもいのままの自分じぶん
ひとあふれてる まちなか雑踏ざっとう横目よこめ
目指めざ場所ばしょもと

まえかべつぎまり
まって かんがひま
くらかおばかりしない ここがはじまり
あらたなる自分じぶんへの旅立たびた
でも だれでもよわいさ 意外いがい
もしいま えがいてきた 未来像みらいぞうあるなら
おもいのままにたたか
すえ さき自分じぶんまか
さぁ こう
おもあし胸張むねは声上こえあげろ
いまはもう しばあしくさり
のこした足跡あしあと けっして裏切うらぎらない
夢破ゆめやぶれたはなし 人生じんせいわだち
きずなみだきてきたあかし
すべてうまくくわけはないが 何度負なんどまけても
けるどこへでも くぜどこまでも

けるとこなら どこでもあるいてく
けるとこまで どこでもあゆんでく
日々ひびこうして きてる
けるとこなら どこでもあるいてく
けるとこまで どこでもあゆんでく
ひととして きてく

いつまでも いやでも だれでもない自分じぶんだけど
いつまでも いやでも だれでもない自分じぶんだけの・・・

いつまでも いやでも だれでもない自分じぶんだけど
いつまでも いやでも だれでも

けるとこなら どこでもあるいてく
けるとこまで どこでもあゆんでく
日々ひびこうして きてる
けるとこなら どこでもあるいてく
けるとこまで どこでもあゆんでく
ひととして きてく