「流れ」の歌詞 ケツメイシ

2008/6/25 リリース
作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ
文字サイズ
よみがな
hidden
つよかぜって ちょうのようにって
むかかぜおそれず のなるほう
いま あめって いつかかわになって
何事なにごとおそれず おれほう

ながながながれて ながされ
いま何処どこくのかさえ からね
力及ちからおよばず その手届てとどかず
川底かわぞこいしごところがる
ひと所詮しょせん よわくて孤独こどく
まれたゆめはかなくてもろ
あふれるおもかんでえてく
えない明日あしたしんじてきてく
もない このまれ
そのゆだあめたれ かぜかれ
このいのち てるとも
意志いしつらぬ力尽ちからつきるとも
わることはなく ひがしから西にし
はまたのぼがまたとも
自由じゆうという運命さだめなか
ひとこころゆめなが

つづける赤子あかごのように はしつづけるメロスのように
純粋じゅんすいなにかをつらぬ真実しんじつつたえるまたた
あせらずしてまれぬ興味きょうみ あきらめずにつたえるメロディー
つづける ながれのように はしつづける ながれのように
ながれ...
ながれ...

勝算しょうさんかぎりなくゼロにひとしい
でも バカ正直しょうじきつらぬくことがいとしい
他人ひとからたら おバカさん
このままでは 絶対ぜったいわらさん
てな 具合ぐあいきてるひと
あこがれるだけなら 無力むりょくひとしい
える ものなんてたかがれてる
じることで そのなかえてくる
めようももの つまりそれは「ながれ」で
ながれて ながれて とき身任みまかせて
そのなかまよいながら 自分信じぶんしんじてつらぬいて
ふらついて ぐらついても 気付きづいたら上向うえむいてる
かんがえるな 損得そんとく ひたすらに 貪欲どんよく
むかかぜ め ひたむきにいどんどく
そうやって ひとは「なにか」をつづけるんだ
「これは運命うんめい」とかで 片付かたづけるな

つづける赤子あかごのように はしつづけるメロスのように
純粋じゅんすいなにかをつらぬ真実しんじつつたえるまたた
あせらずしてまれぬ興味きょうみ あきらめずにつたえるメロディー
つづける ながれのように はしつづける ながれのように
ながれ...
ながれ...

まりそうで こわれそうな わずかなのぞみで
わりそうで われない 曖昧あいまいよるはしって
まりそうで まれない 明日あしたかって
れそうなながまらずにいざ
ながれにって って

つよかぜって ちょうのようにって
かいかぜおそれず のなるほう
いま あめって いつかかわになって
何事なにごとおそれず おれほう

つよかぜって ちょうのようにって
かぜおそれず のなるほう
いま あめって いつかかわになって
何事なにごとおそれず おれほう

ながれ...
ながれ...