「門限やぶり」の歌詞 ケツメイシ

2003/1/8 リリース
作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめて出会であったのは った電車でんしゃのドアのそば
れる 車内しゃないとなりかたたった すぐさま となりおれあやまった
たまにかける 真面目まじめそうな はなしかけてみると馴染なじめそうな
会話かいわ わすの はじめて 想像そうぞうわらずの真面目まじめ
めのないはなしばかり ややあかかおはただうつむくばかり
うかないかおおくにある その心覗こころのぞこうとおもいたくなる
いつしかおれになっている そんなわけない
おれ意地張いじはっている もっとはなせたらいいのに そとればもっとたのしいのに

してあげる よるのデート
いいじゃない?どうせ意味いみがない める門限もんげんはオレとキミじゃない?
えさせてあげる パパのゲート
いいじゃない?どうせ意味いみがない める条件じょうけんはオレと

はじめて出会であったのは った電車でんしゃのドアのそば
偶然装ぐうぜんよそおおな車両しゃりょう 君驚きみおどろいたかお
ねぇ~ 何処どここう! イヤもどんないと・・・何時なんじ? 九時くじにはうち
いつものようにことわるのかい? さびしげなかおわけりたい
オレが きみ顔覗かおのぞきみこまりそっとうつむ
オレがけず微笑ほほえみかける きみわらいそっとうなず
そうこなきゃ このなか きみらないことばかりなら
そ~こから こころなかごと きみともよるなか

してあげる よるのデート
いいじゃない?どうせ意味いみがない める門限もんげんはオレとキミじゃない?
えさせてあげる パパのゲート
いいじゃない?どうせ意味いみがない める条件じょうけんはオレと

はじめて出会であったのは った電車でんしゃのドアのそば
でも 今日きょう二人ふたりきり きみとのはなしちきりのまま
きみったことのないようなところへ オレがきみりたくて
今夜こんやかえさないぜ パパのもとにはもどれないぜ なら
いっそのこと羽目はめはずし パパのこわかおもおいておいて
おいで してあげる つないでげる
このままじゃきみはお嬢様じょうさまのまま 彼氏かれしはパパとママ
ならいっそかえらないで ならばずっとオレのそばで

してあげる よるのデート
いいじゃない?どうせ意味いみがない める門限もんげんはオレとキミじゃない?
えさせてあげる パパのゲート
いいじゃない?どうせ意味いみがない める条件じょうけんはオレと

はじめて出会であったのは った電車でんしゃのドアのそば
もっとはなせたらいいのに そとればもっとたのしいのに

はじめて出会であったのは った電車でんしゃのドアのそば
いつものようにことわるのかい? さびしげなかおわけりたい

はじめて出会であったのは った電車でんしゃのドアのそば
今夜こんやかえさないぜ パパのもとにはもどれないぜ

はじめて出会であったのは った電車でんしゃのドアのそば・・・