「雲の上から」の歌詞 ケツメイシ

2002/4/3 リリース
作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ
文字サイズ
よみがな
hidden
いつもここひろがるくもうえ
みなまちからはるとおくで
ただ見守みまもるこのすえ
しあわいのつねむねおく
いつからかみずかくもうえ
今日きょう今日きょうという
明日あす明日あすでまた夢見ゆめみさせてくれ
いつまでもいつでもくもうえ

ちいさくちいさくえるひとひとり
いきどおかんじながらもみどりなか
あーだ こーだ 人々ひとびともきっと
どこかで いのるように
手合てあわせねが世界平和せかいへいわ
目合めあわせ理解りかいしあった結果けっか
ブレーカーがちたようにおさまるケンカ
そりゃーそうさ もともと おな人間にんげん
そうさ!うえから見下みおろせば 豆粒まめつぶにもたない
ただの1コマ そうおもえたらきっと
くだらないあらそいもすくなくなるだろう
えばったって ただいてたって
なにわらないし なにわからないし
をつぶって ただねがったって
意味いみもないことに気付きづくだろ

いつもここひろがるくもうえ
みなまちからはるとおくで
ただ見守みまもるこのすえ
しあわいのつねむねおく
いつからかみずかくもうえ
今日きょう今日きょうという
明日あす明日あすでまた夢見ゆめみさせてくれ
いつまでもいつでもくもうえ

今日きょうもどっかでだれかがわすそのたたすくいのをかざす
しんじるじない次第君次第しだいきみしだい
ぼくちからなしで出来できるとしんじたい
人前ひとまえではわら一人泣ひとりないているひと
いつもつよがってはにするひと
むしころせず子供こどもばかりきずつけるひと
こころなかにもう1人君りきみにも
よろこびもくるしみもつらえた
見通みとおしよ 今日きょうもここでおいのりを
つらとき 僕頼ぼくたよりにしていいよ でも
すべてはきみなら まかかすなかた
順番じゅんばんだからかたつらいまだけ
しあわせにつながるみちにしたまで
そこじゃえない ここじゃなにえない
けどのぼ明日あす見守みまも

いつもここひろがるくもうえ
みなまちからはるとおくで
ただ見守みまもるこのすえ
しあわいのつねむねおく
いつからかみずかくもうえ
今日きょう今日きょうという
明日あす明日あすでまた夢見ゆめみさせてくれ
いつまでもいつでもくもうえ

おれはおそらからの番人ばんにん すべてお見通みとお安心あんしんなさい
些細ささいことはらわらいながらきていけるようにきみことている
はるかそらからはいつもてる そして見守みまも
う2にたまにはひかりをぶつかる2とすカミナリを
ちっぽけだなとひとっとけばなあ
かるくマイペースであるいていくひとがやがて大成功だいせいこうするだろう るだろうきみ時代じだい
未来担みらいにないたい とおも心偉大こころいだい
綺麗きれいごとでなくしん綺麗きれいなこと
だれていないところ綺麗きれいことをしているやつとどけこのおれのエール
きみ将来しょうらい勝敗しょうはいち100%
だからあばれてくれ おれ見届みとどけてるぜ そんなきみおれかざすひかり 永遠えいえん

いまこうして 地球ちきゅううえ ほどちかくで
なぜ どうして むねおくのどおく
まってる 言葉ことばいま そう
こらえれずに いることも きっと
わってく わかってる 時代じだいとき
わってく わかってる 未来みらいこえ
くもうえかられば そらうえかられば
きっと どうにかすれば
いつか どうにかなるさ