1. 願い歌詞

「願い」の歌詞 ケツメイシ

2005/6/29 リリース
作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ
文字サイズ
よみがな
hidden
くら世界せかい くら時代じだい
わらわらいたいのに なぜ
なみだながすの こえころすの
ひとうえひとはいないのに なぜ

あらそごと えないなか
また歴史れきしおなみちをたどるおろかさ
つみのない子供こども ちからないものから
されてく そのやさしいこころ
そのじゅうおもらないが いのちおもさぐらいつたえたい
ばらまかれた欲望よくぼうのかたまりとのたたか
まだわらない まらない
だれのため なんのため 兵士へいしさえたたか意味いみらず
人々ひとびとのため くにのためなら なぜまたくろあめらす
かみさえめられない いのりさえとどかない
たざるものくしかない
また いつわらえるのか?
このうた こころひびくのか?

くら世界せかい くら時代じだい
わらわらいたいのになぜ
なみだながすの こえころすの
ひとうえひとはいないのに

また世界せかいのどこかで こるさま
メディア 電波でんぱ ニュース ネット
ってとどく ここまで
まもものがあって たよものがあって
みな おなようにこのほしまれって なんで?
容赦ようしゃない 鉛玉なまりだま子供達こどもたちそそ
のぞまない ミサイルをまたミサイルで おと
そのかげだれかまた でかい兵器売へいきうばす
その理由わけ もう一度考いちどかんがえろ つみばつ
あやまちもうすれる たたかいをつづける
おもいやりにあいさないとくずれる
ひび銃声じゅうせいなかきる執念しゅうねん
たがさまならば もうめにしないか?
にくしみやいかりからは もはななにまれない
かれたい ただわらごえのでかさくらべたい
かえひとはまた おなじことがどこかで
とどかね おれこえは もう もはやそこまで

くら世界せかい くら時代じだい
わらわらいたいのに なぜ
なみだながすの こえころすの
ひとうえひとはいないのに なぜ

朝昼晩あさひるばん いつけてもテレビからながれるくらいニュース
そむけずにるが つむりたくなる
ふさぎたくなるみみひら
ぼくらになに出来できるかもからず うたつづける
このこえさきはる彼方かなたに いやまずはそばにいるきみもと
とどいたなら まずは君一人きみひとり
でもわってく このさきのヒストリー
ひと 一人ひとりいのちおもかんじてわってこう人類じんるい
笑顔えがおらすこと意味いみ
笑顔えがおうばことつみ
いつまでもまらぬ 権力主義けんりょくしゅぎ
なくすため日々ひび たくぼくらのおもいを

くら世界せかい くら時代じだい
わらわらいたいのに なぜ
なみだながすの こえころすの
ひとうえひとはいないのに なぜ