「友達のフリ」の歌詞 ケラケラ

2013/9/18 リリース
作詞
ふるっぺ,森さん
作曲
ふるっぺ
文字サイズ
よみがな
hidden
今目いまめまえわらっているきみのことを
うしないたくない それだけで
本当ほんとうだれよりあいしている きみたいして
きとえずに 友達ともだちのフリをしてる

渋谷駅しぶやえきのすぐそばの ビルの片隅かたすみ
いつもとわらない仲間集なかまあつめて
よくかたりあうよね
みんなとおなじタイミングで わらってはみるけど
ホントはかなしいよ きみはなすのは
あのひとのことばかりで

えきかうほんのすこしの距離きょりさえ
ボクにとってはチャンスだけど
いつだってそう はなれてくきみこわくて
くだらないはなしをしてしまう

今目いまめまえわらっているきみのことを
ボクだけのものにしたいけど
本当ほんとうだれよりあいしている きみたいして
きとえずに 友達ともだちのフリをしてる

かなわないとめつけて こい臆病おくびょうになる
ホントはくやしいよ いつもおもうのは
失恋しつれんあとばかりで

うちかえるほんのすこしの距離きょりさえ
またきみ声聞こえききたくなって
でも勇気ゆうきがなくて
またあそぼうなってメールだけして
携帯電話けいたいでんわポケットにしまう

どんなときでも わらっているきみのことを
おもしてしまうんだ
おもわせぶりな きみ態度たいど言葉ことば
もしかしたらって
おもつづけているけど…

これからもきみのことていたい
だけど君守きみまもるのは ボクじゃない
たとおもいがつたえられなくても
わらないよボクは きみこと ずっと

今目いまめまえわらっているきみのことを
ボクだけのものにしたいけど
本当ほんとうだれよりあいしている きみたいして
きとえずに 友達ともだちのフリをしてる

いつまでもこいをしてる