「本当の私」の歌詞 ケラケラ

2014/10/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
まわりの空気くうき うかがってばかりで
きずつくことからげてきたんだ
「いい」だってわれるたびに
自然しぜんえてくためいき

たよってくれること うれしいことなのに
きみたよったら 迷惑めいわくじゃないかな?
こころおくえない モヤモヤ
いつもいえかえってた

ねえ自分じぶん犠牲ぎせいにしてまで
だれかをまもることがあいだとうなら
からこもってばかりのわたし
あいせてなかったよね

本当ほんとうわたし かくしたままで
きらわれないように笑顔作えがおつくった
「いい」とかじゃなくて
やさしい」とかでもなくて
きみ必要ひつよう」てわれたかったの

将来しょうらいゆめ だれにもえずに
まよいや不安ふあんかかんでは
すすむべきみち 勝手かってめて
いつも心配しんぱいばかりかけてた

なにかあったら すぐにいなよ」と
われてたのに…まだ大丈夫だいじょうぶ
だけどきみかお 瞬間しゅんかん
なみだがこぼれたんだ

つよがるわたし きみきしめ
いていいよ」とってくれたよね
あの日君ひきみがくれたあたたかいその言葉ことば
ありのままでい そうおもえたんだ

笑顔えがおつくるものじゃないんだ
きみがいる。それだけであふれるの
った笑顔えがおだれかにとどけるために
本当ほんとうわたしうたせて
本当ほんとうわたしきていこう