「流星」の歌詞 ケラケラ

2014/1/29 リリース
作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
真冬まふゆ海辺うみべうつった しろ透明とうめいつき
海月くらげえた 不思議ふしぎよるでした

何度引なんどひかれても とおざかってもつながったままの
二人ふたりつつまぶたおく宇宙うちゅう

星屑ほしくずなか ちりばめられた こころふた
あいやみけてく おも流星りゅうせいになり
ながれてゆくよ きみのそばまで えるまえ
ぼくたちは おな星座せいざだと しんじて

きみより 綺麗きれいひとでも きみよりやさしいひとでも
きみには なれないんだ もうだれ

つかめないまぼろしきしめたむねいたみが
引力いんりょくのように 二人引ふたりひ

まだ きみなか められた いくつものまよいは
ぼくなかやしくせる だから もうこわがらずに
あずけてほしい

きみうそ気付きづくのは ちいさなひとみ見開みひらくから
でも 素直すなおさにまだ 気付きづけないまま

星屑ほしくずなか ちりばめられた こころふた
あいやみけてく おも流星りゅうせいになり
ながれてゆくよ きみのそばまで えるまえ
ぼくたちは おな星座せいざだと しんじてるから