1. STATION歌詞

「STATION」の歌詞 ケラケラ

2014/10/29 リリース
作詞
ふるっぺ/森さん/平義隆
作曲
ふるっぺ
文字サイズ
よみがな
hidden
笑顔えがおった反対はんたいホームで
ちいさくなってゆくあなたを見送みおくってから
なみだをこらえたつもりだったけど
電車でんしゃまどうつ私泣わたしないていた

すれちがってく二人ふたり距離きょり
きっと二人共ふたりともづいていたんだね
言葉ことばじゃなくて そっとれるだけで
わかりあえたにはもうもどれない

こえふるわせたまま サヨナラった
あなたのその背中せなか わたしのココロに けた

笑顔えがおった反対はんたいホームで
ちいさくなってゆくあなたを見送みおくってから
なみだをこらえたつもりだったけど
電車でんしゃまどうつ私泣わたしないていた

わせ場所ばしょロータリーのそば
いつもまって5分遅ふんおくれてくるあなた
あやまかおがなんだか可愛かわいくて
おこったフリをしていじわるしてた

たがいのためめた サヨナラなのに
この駅通えきとおるたび あなたの姿探すがたさがしてしまうよ

こんなに大切たいせつひとだったこと
なくしたそのあとでやっとがつくなんて
どんなときだってずっととなり
私支わたしささえてくれたあなたもういない

あのときれたそののぬくもり
あの日交ひかわした約束やくそくいま
土砂降どしゃぶりのあめのようにさって
わすれるなんてできないけど

見慣みなれた街並まちなみの改札口かいさつぐち
見上みあげたそらにはあふれるだまりがほら
わたし背中せなかをそっとすように
発車はっしゃのベルが鼓動こどうへとひびいた