「光を忘れた」の歌詞 ゲスの極み乙女。

2014/10/29 リリース
作詞
川谷絵音
作曲
川谷絵音
文字サイズ
よみがな
hidden
軽快けいかいなステップでおど
痛快つうかいなテロップでわら
警戒けいかいをしないまぐれ美人びじんだった
どうやっていわってやろか
かんがえていた矢先やさき
携帯けいたいとしたおれ電話でんわ気付きづ

こわれかけの街灯がいとうしたにうっすらうつかげ
れようとしたらえていた ひかりわすれたのさ

ただまよってた すぐたよってた
心酔こころよってた 全部忘ぜんぶわすれたい
まだまよってる どこかってる
自分じぶんがいることにせつなくなったのさ

電話でんわあんじょうあの美人びじん番号ばんごう
でもらないこえはただふるえていた
ほら、こんなことになるならあんたのきらいな煙草たばこめればかったな
もっとわらえばかったな

楽観的らっかんてき人生じんせいでふとなくした理由りゆうかんぐって
退廃的たいはいてき人生じんせいをふとおもしてるところだったんです
なくせるうちなんだってぎゃく大切たいせつさを見失みうしなって
あいせるうちなんだってたりまえおもっていた

ふらふらあるいてたら よこくるま横切よこぎって
まぶたじたらあふおれおれおれ

ただまよってた すぐたよってた
心酔こころよってた 全部忘ぜんぶわすれたい
まだまよってる どこかってる
自分じぶんがいることにせつなくなったのさ

ひらけたらへんいて
いたらもうこんな時間じかん
明日あしたはやいな、このままきとくか
なんわらないこの部屋へや

1おどよる下手へたなステップにわらっちゃうな
勝手かってわらこえおれじゃひくいからな

ただまよってた すぐたよってた
心酔こころよってた 全部ぜんぶなくした
まだまよってる どこかってる
けどわかってるから

ただまよっても すぐたよっても
心酔こころよっても なんわすれない
をつぶったら そこでってる
あのステップで おどよるかえ