「魚」の歌詞 コトリンゴ

2009/9/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なみおと自由じゆうつけたサカナ
いつまでもおよつづける
きみのうた自由じゆうつけたサカナ
しずむまでひれなびかせる
ひらひらひら

きらめくうろこしいわけじゃなく
境界線きょうかいせんたいわけじゃなく
そらとり気持きもとどかない
あるひつじはただあわれむだけ
はらはら

あの浜辺はまべには だれつんだろ
いつかのひとか まだらぬひとか

なみおと永遠えいえんつけた
やわらかいひかりにやすらぎをかんじた
サカナいつまでもおよつづける
この世界せかいしからないでいいの
たくさんのことらないでいいの
そんなふうにきてゆけたなら

サカナの記憶きおくはどこまでめくっても
おおきさちがいのまるいあぶくだけ
見送みおくることにつかれたはいつも
にがくてあまいみずをのみむだけ
ゆらゆら

りくがれば いき出来できずに
ゆがんだそらにらんでつめたくなるの

この世界せかいかられてかないで
たったひとつでもせいいっぱいだから
サカナいつまでもおよつづける

かぜおと情熱じょうねつかんじた
らめくひかりあまいささやきって
そんなふうにきてゆけたなら