「夢唄」の歌詞 コブクロ

1999/7/21 リリース
作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆめゆめをかなえる一番いちばん方法ほうほう
きみおしえよう
それはかなうまで
やりつづけること
自分じぶんしんじて

昨日きのうおなようそらした明日あしたおなようるのかと
える物全ものすべてがぼくなかえないなにかにされてく

子供こどもころ夢見ゆめみ自分じぶんいまでもこころつづけてる
そのよろこびと現実げんじつのちがいに 時々ときどき けそうになってた

いわをもつらぬきみつよいそのおもいは
いま かみきれさえやぶれずに よわ大人おとなになってく

遠回とおまわりしても さきにはおなじゴールがあるのなら
をそらさずに 本当ほんとう自分探じぶんさがしにこう
改札かいさつぬければ そこにはレールのないでこぼこみち
つまづくことなどおそれないで
さぁ がむしゃらにはしそう

ひとをだますことつみことで つぐないはばちとして けるけど
自分じぶん自分じぶんをだましても なぜか だれからもばちけない

明日あしたが もし このほしわりだとしても
くやまずにいれるさま
あいする人想ひとおもいながら 今日きょうもうたいます

遠回とおまわりしても さきにはおなじゴールがあるのなら
をそらさずに 本当ほんとう自分探じぶんさがしにこう
改札かいさつぬければ そこにはレールのないでこぼこみち
つまづくことなどおそれないで
さぁ がむしゃらにはしそう

遠回とおまわりしても さきにはおなじゴールがあるのなら
をそらさずに 本当ほんとう自分探じぶんさがしにこう
ゆめをかなえる一番いちばん方法ほうほう きみおしえよう
それはかなうまでやりつづけること 自分じぶんしんじて

昨日きのうおなようそらした明日あしたおなようるのかと
える物全ものすべてがぼくなかあたらしいなにかにわってた