「大樹の影」の歌詞 コブクロ

2005/12/21 リリース
作詞
黒田俊介
作曲
黒田俊介
文字サイズ
よみがな
hidden
戦場せんじょう一輪いちりん笑顔えがおようにささやかに
日々ひびよろこびをきしめられたなら
それをしあわせとぶのだろう

おもえがいたヒーローはいつもよど
そそ不幸ふしあわせをわらばして
だれもいない路地裏ろじうらなみだこらえては
孤独こどくというよわさをはら

大河たいがのように洋々ようようながれる情熱じょうねつ
あしかせになるものをんでしまう
でもそれでかった一歩いっぽでもすすめるのなら
それをおごりとぶのならそれでもかまわない

ながれるときひとえるというが
ながされていくことあゆつづけることちがうのさ

戦場せんじょう一輪いちりん笑顔えがおようにささやかに
日々ひびよろこびをきしめられたなら
それをしあわせとぶのだろう

つよしんじてきたものおおきなみきとなり
かちったともたちに枝葉えだはびてゆく
そしてたがいにささしげもりとなり
家族かぞくというきずなそだっていく。

いまここにしあわせに なみだながしても このみち先同さきおなようかんじられるだろうか
かなしいけれど ひと欲望よくぼうみずよういかけたぶんだけ とおざかっていく

つまずいて、心折こころおれそうになって、自分じぶんよわたしかめて
まただれかにやさしくなれるのさ

戦場せんじょう一輪いちりん笑顔えがおようにささやかに
日々ひびよろこびをきしめられたなら
それをしあわせとぶのだろう

おもえがいたヒーローはあのようよど
かちったともたちと日々ひび夢見ゆめみては明日あしたという未来みらいある