1. 太陽歌詞

「太陽」の歌詞 コブクロ

2006/9/27 リリース
作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
あのなつ太陽たいよう いかけ裸足はだしはしった
とおまちからきみぼく太陽たいよう

たぶんそらから ってきたのだ それかゆめでもているか?だよ
ほかたちに 失礼しつれいだけど しかし こうもちがうものか?
はなしたいけど 話題わだいくて となりせきとおかんじてた
でもきみのこと もっとりたくて イタズラばかり

普通ふつうはなせるのは ゆめなかでだけ…
あぁ むねくるしいよ あいとかこいとか まだくわかんなかったけど

あのなつ太陽たいよう いかけ裸足はだしはしった
ドロだらけの Tティーシャツ きみ夢中むちゅうだった

ついにこのが やってきました 運命うんめい 今日きょう席替せきがえだ
七夕様たなばたさまに おねがいしたよ きみとなりになるように
そうはいかずに はなばなれさ うつむくぼくきみがくれた
黄緑色きみどりいろちいさな手紙てがみ一緒いっしょにかえろう」って

突然とつぜんおそった 夕立ゆうだちんだかげで
はじめて にぎった かみなりたびに ぎゅっとぎゅっとにぎってた

夕暮ゆうぐれの坂道さかみち きみ影長かげながうつした
いしころけりながら ずっとずっといかけた

らない名前なまえまちってしまうんだね…
昨日僕きのうぼくるときは トンボのはなししかしなかったのに どうして?

あのなつ最後さいごきみ姿すがたてないけど
これだけはえる あれがぼく初恋はつこい

だれもが胸焦むねこがした あのはじめてのこいのように
だれかをまたやさしく あいせればいいな

あのなつ太陽たいよう いかけ裸足はだしはしった
とおまちからきみぼく太陽たいよう
きみは もうもどらない きみぼく太陽たいよう