「手紙」の歌詞 コブクロ

2003/11/6 リリース
作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
きみゆめいかけ うみわた旅人たびびと
ぼくてるだけしか出来できないから、うたうよ。
なにもかもがあたらしい、とおくにでのらし
あんまり頑張がんばりすぎないで、からだ正直しょうじきだよ。

夢中むちゅうになりぎて、本当ほんとう自分じぶんまで見失みうしなわないでね。
いつも一人ひとりかんがぎて、全部背負ぜんぶせおってしまうきみだから。

いてしまう程辛ほどつらいのは、一番頑張いちばんがんばったあかし
そんな自分じぶん時々ときどきは、やすめてあげなきゃ駄目だめだよ。

きみゆめいかけ、日々ひびこたえをさがす。
いてゆくものはえないから、不安ふあんで。
だけど心配しんぱいないよ、つよしんじたものは
きみさないかぎり、裏切うらぎらないよ きっと。

ぐなおもいはやがてとどくから、自分じぶんげないで。
いつの一人ひとり、また一人ひとりと、きみこころけとってくれる。

きみえがいた未来図みらいずに、いろひとえるたび
きみ笑顔えがおはなやかに、だれかを勇気ゆうきづけていくよ。

いてしまう程辛ほどつらいのは、一番頑張いちばんがんばったあかし
そんな自分じぶん時々ときどきは、やすめてあげなきゃ駄目だめだよ。
きみえがいた未来図みらいずに、いろひとえるたび
きみ笑顔えがおはなやかに だれかを勇気ゆうきづけていくよ。
どんな季節きせつ意味いみかぜかないはずだから、
つよはかなはなのように、いまめて
よわ自分じぶんけないで。