1. 月光歌詞

「月光」の歌詞 コブクロ

2007/12/19 リリース
作詞
黒田俊介
作曲
黒田俊介
文字サイズ
よみがな
hidden
こぼれちたなみだなら ぬぐえばいい はがれ ちた自信じしんなら もう必要ひつようないさ
ただその理想りそうだけは ただその理想りそうだけは よごさずにかかげていたい

おろかさに 気付きづくのは いつでもそう
階段かいだん はずしたり ころんだときだけさ
あのときのあの言葉ことば あのときのぬくもりを このむねきざんでいくよ

つよく なることよわさをせないことじゃ ないよ
何度なんどひとりぼっちのよるを シーツにくるまってむかえても つよくなんてなれないさ

やさしさにすがったってみちまよんだっていい
ポケットにんでも 不必要ふひつようなものはこぼれちていく
かなしみを背負せおことだってだれにもいえないことだって
かえことでしか すすせないときもある

えがえた現実げんじつの キャンバスに しろ具重ぐかさねても もうもどりはしない
でもそのこころだけは でもそのこころだけは 何色なにいろにでもわれるだろう

いまいる その場所ばしょを ちっぽけだとわらこと自分じぶんわらこと
すべてはそのなかにある いつのかつかむ栄光えいこうにぎりしめたくやしさも

あいするひとわらってるかしんじるものはそこにあるか
それだけで今日きょうというあざやかないろえがされてゆく
どうしようもないことだってむくわれはしないことだって
ゴールに真実しんじつのため 最後さいごまでにまとって はし

こぼれ ちたなみだなら ぬぐえばいい はがれ ちた自信じしんなら もう必要ひつようないさ
ただその理想りそうだけは ただその理想りそうだけは よごさずにかかげていたい

やさしさにすがったってみちまよんだっていい
ポケットにんでも 不必要ふひつようなものはこぼれちていく
かなしみを背負せおことだってだれにもいえないことだって
かえことでしか すすせないとき
暗闇くらやみでしかえぬひかりがある
ああきみさみしさに ふるえているのか?