「雪の降らない街」の歌詞 コブクロ

2002/11/13 リリース
作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
「キライだよ。ふゆさむいから。」 と はなきみ
今年ことしから、ふゆきになる!」 と あげたコート

そでをとおしたり ゆかひろげたり はしゃぐ笑顔えがお
れて部屋へやれば

しろふゆまちりて
ゆきらない僕等ぼくらまち
二人ふたり かさ見上みあげた
空一面そらいちめん粉雪こなゆき

三月さんがつかぜまどのすき ひかころ
すこしずつ 片付かたづけたこの部屋へや ひろいんだね

ふたつずつのものひとつになれば
こころさえも いつかひとつずつに

そっとわらいかけるきみかお
いまちいさなフレームのなか
かべにもたれたレコードのうら
もどらないとき記憶きおく

ざわめくなついろづくあきをこえて
やりきれないしずけさのなかくもまど君想きみおもえば…

しろふゆまちりてくる
かべならんだふたつのコート
そでがかさなり まるで あの
ぼくとあなたのようです

いつもおな言葉ことばむすんだ
とどくはずのいこの手紙てがみ
今日きょうつくえおくにしまった
出来できことならいますぐ
この冬空ふゆぞら
あなたにいにきたい