1. Diary歌詞

「Diary」の歌詞 コブクロ

2007/12/19 リリース
作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
大型おおがたデパートの 迷路めいろをさまよって やっとつけたきみ試着室しちゃくしつのカーテンから
かおだけして「こっちきて」の合図あいず先々行さきさきいくなよ!」って おこるつもりだったけど
めずらしく大胆だいたんな スカートに モジモジしてるきみが なんだかセクシーで

「とっても 似合にあってるよ。ちっとも へんじゃないよ。」
ずっと綺麗きれいで いてしいって いつでも おもってる
そんなこと ったこと ないけど

きみこいしたあののままの気持きもちは このむねにずっと
真空しんくうパックしてある きみ時々ときどき たしかめ以外いがい
いとしきおも彼方かなたから とお未来みらいてまで
きみという時代じだいがゆっくりながれていて ぼくはただ それをうたうだけ

きみえが理想りそう男性像だんせいぞうってる きみのパパでしょ? ぼくはあんなに頑固がんこじゃないよ
何故なぜきみぼくのママをライバル それじゃいつかきみも あんなに派手はででお転婆てんば
オバチャンになるのかな? 寝起ねおきのスッピンがおれるのも あと230年さんじゅうねん・・?

助手席じょしゅせきのポケットには 分厚ぶあつ地図帳ちずちょう
かぞえきれない 付箋ふせんは いつか きみった場所ばしょ
喧嘩けんかした 場所ばしょには ドクロマーク

いろあせたスウェットとクタクタのパーカー 5本指ごほんゆび靴下くつした
そんなけた姿すがたきみるたび いつかとお未来みらい
毎日まいにち となりわらってる そんならしがかぶよ
きみといる時間じかんぼくつよくする きみはただそれを しんじて
着替きがえがすんだら かけよう

まえかれとがきみ人生最後じんせいさいご失恋しつれんだったって
いつかおもえるたならこのこいあいになったあかし
二人ふたりなかあたためてゆくもの まさないように
ささやかなゆめまちかぜにおいと しずかなこのらしと
いとしきおも彼方かなたから とお未来みらいてまで
きみという時代じだいが ゆっくりながれていて ぼくはただそれを うたうだけ
きみはただそれを しんじていて れた午後ごご屋上おくじょう