「NOTE」の歌詞 コブクロ

2005/12/21 リリース
作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
きみ出逢であったあのぼくむねなかまれた
まっさらなノートの表紙ひょうしには、日付ひづけだけがしるされていて、
どうやら、こいはじまりとはこういうことなのか? と気付きづいて、
なんとなく日々ひびペンをはしらせた、きみには内緒ないしょで。

いまはもう、れないほどのおもあふれてる。
色褪いろあせても、にじんでも、どれひとせやしない。

この五感全ごかんすべてでかんじてるきみを、ありのままにしるそう。
時々ときどきはたらくもうひとつで、嫉妬しっとつよがりもせば、
そこにかびがる、きみつついとしきおもい。
さぁ、つぎのページをめくろう。空白くうはくだらけの未来みらいを。

主語無しゅごなしでもような、不思議ふしぎ会話かいわもおものさ。
でも、たまにはきそうな言葉ことばかせて。

たとえば、勝手かっておもみで、しんじたぶん へこむのも、
すれちがいも、いも、こいかくされたスパイス。

あのガードレールをえれたら、キスすると約束やくそくをした。
あれから、もうどれだけのかべを、今日きょうまで二人ふたりえたのだろう?
冬空ふゆぞらこごえるきみつつむ、マフラーのように、
そっとかたせながら、粉雪こなゆきれたみちを。

そらかぶカイトへとびたラインのように、
ぼそくとも途切とぎれはしない、たしかないのり。

かわってゆくきみも、かわらないきみも、ありのままにしるそう。
油断ゆだんしたすきのマヌケがおは、大丈夫だいじょうぶ・・!美化びかしていておくよ。
あのだまりのように、きみつついとしきおも
さぁ、つぎのページをめくろう。空白くうはくだらけのみちを。
粉雪こなゆきれた未来みらいを。