「涙を夢に着換えて」の歌詞 コルベッツ

1993/2/24 リリース
作詞
大津あきら
作曲
安田信二
文字サイズ
よみがな
hidden
朝焼あさやけのなか
おどるのさ
むねつばさくだかれても

はなれたらもう
しそうと
瞳閉ひとみとじて うつむくけど

見守みまもっているさ
この場所ばしょでいつも だからもう

なみだを…なみだゆめ着換きがえて
おそれずに いつの
未来みらいの…未来みらいあいにもいちど
二人ふたりめぐりときのために

かわいたままの
アスファルトでは
どんなはなかないねって

かたにもたれた
あののおまえ
いまつよきついてる

しんじればいいさ
人波ひとなみける おまえだけ

なみだを…なみだゆめ着換きがえて
かなしみを えるまで
未来みらいの…未来みらいかぜかって
二人ふたり はしときのために

朝焼あさやけの都会まち 一度いちどおれ
かずに ちいさくえてゆく おまえ
いたいほど にじむけど

なみだを…なみだゆめ着換きがえて
おそれずに いつの
未来みらいの…未来みらいあいにもいちど
二人ふたりめぐりときのために

なみだを…なみだゆめ着換きがえて
かなしみを えるまで
未来みらいの…未来みらいかぜかって
二人ふたり はしときのために