「終わらない愛を口唇に」の歌詞 コルベッツ

1993/2/24 リリース
作詞
大津あきら
作曲
多々納好夫
文字サイズ
よみがな
hidden
かなしみえてく ためにだけ
まえとめぐりきてゆくのさ

いまなみだ入口いりぐちまよわないで
だれよりあつうでかれてくれ

いかける明日あすげはしない
いそいで ゆめても
こころあめ なぐりつける おれしんじたら

わらない あいだけ
口唇くちびるあつめて
いつまでも ささえているから
まえだけを

けが(けが)れのない そら見上みあげて
まえさけこえは ただはげしく

まるのは いまはまだ早過はやすぎると
もがいた日々ひびかぜばす おれ

なにおそれずに あるけばいい
ひとりじゃないさ いつも
孤独こどく鍵開かぎひらいてゆく たとえとおくても

わらない あいだけ
きつけて 素顔すがお
もう一度いちど 二人ふたりすべてを
まもるために

わらない あいだけ
口唇くちびるあつめて
いつまでも ささえているから
まえだけを

わらない あいだけ
きつけて 素顔すがお
もう一度いちど 二人ふたりすべてを
まもるために