1. ウルフ歌詞

「ウルフ」の歌詞 ゴスペラーズ

1997/7/21 リリース
作詞
安岡優
作曲
岩田雅之
文字サイズ
よみがな
hidden
あつすぎる体温たいおんに そしてきみはいつもかくさない
三角さんかくのぞなついろらしながら
むらがるうわさ たのしんでいる
身体中からだじゅうのこした 証拠確しょうこたしかめて
あせにじんだ その素肌すはだ

キスして みついて いたいぐらいがいいね
はなさない 世界中せかいじゅうのどこにいても
ほかだれかが せないように マークして

あつすぎる誘惑ゆうわくに そしてぼくなにえらばない
ランダムにごすなついろまわりながら
出会であった偶然ぐうぜん たのしんでいる
つめあとのこして 名前刻なまえきざ
つけたら すぐ わかるように

キスして みついて いたいぐらいがいいね
かまわない ひとりでもだれといても
記憶きおくふちねむあいかたち あげる

きずなみだかくすように
たされぬ衝動しょうどうが またきば
月明つきあかりす その素肌すはだ

キスして みついて そのこころねら
がさない ちがう その瞬間しゅんかん

キスして みついて いたいぐらいがいいね
この目眩めまい 身体中からだじゅう野生騒やせいさわ
今日きょうもどこかで 一人ひとり ける
ウルフ つよつよく マークして