「参宮橋」の歌詞 ゴスペラーズ

1997/7/21 リリース
作詞
村上てつや
作曲
村上てつや
文字サイズ
よみがな
hidden
(二人ふたりで) あるいていた (二人ふたりで) はなししてた
なにむずかしくはなかった
(一人ひとりは) 天気雨てんきあめで (一人ひとりは) とおあめ
ずっとめぐっていくものだと

午後ごご日差ひざしは カランとおとがする
信号しんごうわる ぼんやりとしてく
さけこえとおざかる

きゅうめた もうもどれないとおもった
不意ふいにとびだして もうもどりたくもなかった

さきだったら めてあるんだ
参宮橋さんぐうばしへ はやく はやく

(よどんだ) ながれにだけ (かわいた) 気持きもうつして
いつもくあて見失みうしな
(本当ほんとうは) もっと簡単かんたんで (本当ほんとうは) げればいい
きっとその程度ていどのことだよ

ねがいというつぼみ だれでもめてる
夕立ゆうだちひとつにくじけたり ひらいたり
それでもぼく

ずっとっていた もうもどれないとおもった
よるにとびだして やみふかしずめた

きゅうめた もうもどれないとおもった
不意ふいにとびだして もうもどりたくもなかった

えいづるおもいに
とおざかる姿すがた
あてどなく さすらう
安上やすあがりな季節きせつ
きざりにして
れそぼった子犬こいぬていた

きゅうめた もうもどれないとおもった
不意ふいにとびだして もうもどりたくもなかった

さきだったら めてあるんだ
参宮橋さんぐうばしへ はやく はやく はやく