「t.4.2.」の歌詞 ゴスペラーズ

1997/7/21 リリース
作詞
酒井雄二
作曲
酒井雄二
文字サイズ
よみがな
hidden
時計とけい はずしたまま

こころなか
ひか断片かけら
ひとつずつ彼女かのじょはつないでく

まどこうにしず
そそあか
コトバになるまえなにかが

時計とけい はずしたまま

たしかめるように
もどかしげに
ひとつずつかたちにえてゆく

だれかにかせるために
ましておいたような
コトバでは つたわらぬなにかを

めつづけてもおもいはびるとすれば
えぬままサビついた言葉ことばぼくなかにもむねにひとつ
よるちかづく

はなすとらくになるがするわと
彼女かのじょはおどけた

時計とけい はずしたまま

光連ひかりつれてかぶエレベイター
遠慮えんりょがちにともりはじめるビルのかりとせめぎ
今日最後きょうさいご陽射ひざしが かがやいて
ときしずかに 二人ふたりいてゆく

時計とけい はずしたまま