1. 君がいない間に歌詞

「君がいない間に」の歌詞 ゴールデンボンバー

2009/10/21 リリース
作詞
鬼龍院翔
作曲
鬼龍院翔
文字サイズ
よみがな
hidden
きみがいないいろんなことがあったの
いえわって仕事しごとめて
今度会こんどあえたら一通ひととおはなすね
またどこかかないでいてね

きみがいないぼくすこわったの
ゆめあきらともわって
きみたならなんうだろうね
すこしだけうしくらくて

ただめるあさ
つかれたよるかんがえてしまうよ
そばきみたならと
きみがいない きみがいない きみがいない ただそば
きみがいない きみがいない きみがいない
それだけのことをずっとかんがえていても

つたわらない とどけたい いとしさを おもいを
うたにして 言葉ことばにして おとにして かなでてみても
ぼくこええてゆく

きみがいない世界せかいすこわったの
そらくもって いろうしな
わらかおさえ かなしみをふくんで
うそばかりついてしまうよ

日々薄ひびうすれゆくきみかかえているよ
もうもどれぬときくるしみとらしながら

きみがいない きみがいない きみがいない また今日きょう
きみがいない きみがいない きみがいない
何処どこつめても きみかんがえているよ

つたえたい とどけたい いとしいと きだと
うたにして 言葉ことばにして おとにして かなでてみても
つたわらない

きみいた言葉ことば何処どこくんだろう
いつかきみとどくようにと
いのるようにうたうよ

きみとまた えるなら なにもかも らないよ
二人ふたりだけ なにしろえない世界せかい
きみれてきたいよ

きみた あの世界せかい 今何処いまどこに あるんだろう
こんなに 毎日まいにち やみくもに さがしてみてもいまはもう
きみがいないいろんなことがあったの
いつかまたえるといいね