「君といつまでも」の歌詞 ゴールデンボンバー

2011/1/6 リリース
作詞
鬼龍院翔
作曲
鬼龍院翔
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくらはお似合にあいだ はなれるはず
つめえばけてくこころくちびる
ある きみったとおくにゆめ
いつかうしなうものだと気付きづかされてしまった

まだはなれたくない えれるはず
おもえがいた未来みらいぼくがいないなんていやだよ

いつまでもそばていたいから
何処どこかないでぼくらない世界せかい
きみゆめかたたびむねいたんだぼく
きみあいする資格しかくなどいんだろう

のこされた時間じかんぼく卑屈ひくつにする
素直すなおあいしてるといたくてもえない

ほらまたとおざかるその笑顔えがお キライ
かなわなけりゃいいなんてかんがえる自分じぶんいやだよ

いつまでもそばにいられないなら
きみってカギをかけていたい
将来しょうらいゆめなどぼくわらうかな
なにらない かんがえられない

かがやかせかたゆめぼくにくんでしまうの

いまはまだゆるせない
「はい、そーですか」とはえない
まり現状維持げんじょういじぼくはお荷物にもつなの?

いつまでも っておもくてごめんね
ほんとは応援おうえんしたいよ 笑顔えがおでいてほしいから

いつまでもそばていたいから
何処どこかないでとどかない世界せかい
きみ夢叶ゆめかなえる旅立たびだちのときぼく
どんな言葉ことばげかけれるだろう
こわいよ