「咲いて咲いて切り裂いて」の歌詞 ゴールデンボンバー

2008/6/1 リリース
作詞
鬼龍院翔
作曲
鬼龍院翔
文字サイズ
よみがな
hidden
こんなちいさな部屋へやぼくらはなにかをさぐいながら
たがいのこころ 何処どこにあるのかいまだにわからないまま

明日あす仕事しごとつかえないくらいのかただったら
きみいた あの言葉ことば意味いみも もうすこわかったかもなぁ

情念じょうねんはHiになるほど 理性りせいかし
正確せいかく判断はんだんにぶらせてふさ

なにわずに なにえずに ぼくらはなにかんがえていたの?
きみとがったつめいた
ぼくこころきみこころひとつになれたら そりゃあ素敵すてきだね
よるあたたおう

なに些細ささいぼく言葉ことばきみ傷付きずついているなら
おろかなぼくに つまづいた理由りゆうおしえてくれないか

物憂ものうげなきみ横顔よこがおはじめてよる
れていたぼく心震こころふるえた いたいくらい

なにらない ほからない きみるこのときだけがすべ
明日あすえないほど高揚こうよう
きみくなら そばるから はなれられない二人ふたりでいたいよね
たとえ 綺麗事きれいごとでも

みだれてあいかんじましょう
恋抱こいいだいて傷付きずつっていよう
夢描ゆめえがいていまつぶそう
二人ふたり 此処ここよう

いつかきみえなくなるのならばこのおもいをすべとどけてしまおう

なにわずに なにかずに ぼくらはなにかんがえていたの?
きみんだくちびるいた
君笑きみわらうなら 僕笑ぼくわらうから いつでもこの二人ふたりでいたいよね
いつか はなれようとも

みだれてあいかんじましょう
恋抱こいいだいて傷付きずつっていよう
夢描ゆめえがいていまつぶそう
二人ふたり 此処ここよう