「夜汽車」の歌詞 ゴールデンボンバー

2012/1/4 リリース
作詞
鬼龍院 翔
作曲
鬼龍院 翔
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくねがいをめた
ほし何処どこくのか
たしかめにけるから
ぼくらには明日あす

きみ
何処どこまでもける
わらいながらきながら
不安ふあんいて

何故隣なぜとなりにても
かんがえてしまうの
あいしてる』とってよ
それだけでねむれる

いまはただきみ
つめさせてしいよ
辿たどところには
ぼくらないものがある

きみこころ
ぼくはどううつる?
かんがえてない未知みちさぐ

れる夜汽車よぎしゃなか
まどそとながら
あいしてる』とったのを
ぼくわすれない

きみのことなにらないで
ぼくらはすれちが
どれがただしい手段しゅだんなのか
ぼくらにはむずかしい

だれないみち
またあゆむそのまえ
あいしてる』とってよ
それだけでいいのに
いま夜汽車よぎしゃはただ
あかりの線路上せんろじょう
辿たど何処どこくの?
ぼくにはわからない