1. Blow Wind歌詞

「Blow Wind」の歌詞 ゴールデンボンバー

2009/6/17 リリース
作詞
漆野淳哉
作曲
酒井陽一
文字サイズ
よみがな
hidden
Blow wind blow かぜが また こしたあこが
夜空よぞらかがや星抱ほしだいて

ねむらない鼓動こどう てのひらの未来みらい
ざわめくかぜ背中越せなかご陽炎かげろうを ゆらしてく

きなれたくつを すりらしながら
彷徨さまよまち黄昏たそがれて あてもなく はぐれた

見知みしらぬかお とおぎる だれもエトランゼ
ひとりきりの たび途中とちゅう 出会であ景色けしき むねあつ

Blow wind blow かぜに いま このあずけたまま れゆく空見上そらみあげていたい
Blow wind blow ゆめとおくでんでいる
こえないふり(しても無駄むだだね) てられない 情熱じょうねつ

いつの無謀むぼう まらない野望やぼう
一番星いちばんぼしきらめいて おもを くすぐる

やりのこした ことばかりが いまになってなぜ
むねせまる どこかでまだ わかりきったことって

Blow wind blow かぜが またこしたあこが夜空よぞらかがや星抱ほしだいて
Blow wind blow きる こたえはただひとつ
るぎないもの (すべてけたい)むねがす いまでも

Blow wind blow かぜに いま このあずけたまま 満天まんてん星空見上ほしぞらみあげて
Blow wind blow ゆめとおくでんでいる
こえないふり (しても無駄むだだね)てられない 情熱じょうねつ

Blow wind blow かぜが またこしたあこが夜空よぞらかがや星抱ほしだいて
Blow wind blow きる こたえはただひとつ
るぎないもの (すべてけたい)むねがす いまでも

Blow wind blow かぜに いま このあずけたまま れゆく空見上そらみあげていたい
Blow wind blow ゆめとおくでんでいる
こえないふり(しても無駄むだだね) てられない 情熱じょうねつ