「ナイトフィッシングイズグッド」の歌詞 サカナクション

2008/1/23 リリース
作詞
山口一郎
作曲
山口一郎
文字サイズ
よみがな
hidden
いつかさよなら ぼくよるかえるわ なにもかもわすれてしまうまえ
ビルのあかりがまるでディレイのようにながれてた いつまでも

ゆめのような世界せかいがあるのなら
ぼくわれるかな

アスファルトにぼくつき
あいだにはなにもないってった

去年きょねんおなふくていたら
去年きょねんおなぼくがいた

うしろめたいうそかなしみで
よごれたシミもまだそのまま

なにもないよるなにかあるようながして
きみ電話でんわしてしまうんだ いつも

いつかさよなら ぼくよるかえるわ なにもかもわすれてしまうまえ
ビルのあかりがまるでディレイのようにながれてた いつまでも

ゆらゆられる水面みなもつき しの足音あしおと 気配けはいがした
くさむしはらうかのようにきみ手招てまねきする

ほそとりのようにいま 川底かわぞこ めるように
かのいと たぐりせてしなる ねるみずおとがした

ラララ きっとぼくおどれる よるやみかくひそ
ラララ ずっとぼくがれるこいのような素晴すばらしさよ

いつかさよなら ぼくよるかえるわ なにもかもわすれてしまうまえ
ビルのあかりがまるでディレイのようにながれてた いつまでも

このさきでほら ぼくってるからくべきだ ゆめつづきは
このよるつかててねむるまで まだまだ