「もしも時を飛べるなら」の歌詞 サスケ

2007/1/24 リリース
作詞
北清水 雄太
作曲
北清水 雄太
文字サイズ
よみがな
hidden
ちいさな粉雪こなゆきほほちてきた
きみまちにも はじめたかな

最近さいきんぼくたちの状況じょうきょう複雑ふくざつ
着信履歴ちゃくしんりれきなかきみ名前なまえはない

ゆめをつかむためにんだ あの列車れっしゃ
ひびくベル えきのホーム 涙目なみだめきみ
はなれても 一緒いっしょだよ」って

もしもときべるなら つよきしめてあげる
そしてぼくうでなか
かせて かせて きみおもいを
かせて かせて 今日きょうおもいを

いたいよ」夜更よふけの留守電るすでんのこした
明日あしたあさ きみ笑顔えがおいてくれるように

ゆめをつかんだとき だれよりぼくのこと
自分じぶんのことのように きみ
よろこんでくれる いまわらず しんじている

いつか二人ふたりこのまちおなそらつめよう
そしてきみまえ
うたうよ うたうよ ぼくおもいを
うたうよ うたうよ 今日きょうおもいを

もしもときべるなら つよきしめてあげる
そしてぼくうでなか
かせて かせて きみおもいを

いつか二人ふたりこのまちおなそらつめよう
そしてきみまえ
うたうよ うたうよ ぼくおもいを
うたうよ うたうよ 今日きょうおもいを