1. 卒業の日歌詞

「卒業の日」の歌詞 サスケ

2006/1/25 リリース
作詞
北清水雄太
作曲
北清水雄太
文字サイズ
よみがな
hidden
かよれたゆるやかな坂道さかみちいま 自転車じてんしゃはし
紺色こんいろブレザーの仲間なかまたちのかたをたたいて 最後さいごの「おはよう」

落書らくがきだらけのつくえまえでは ひびうシャッターおん
ざわめき かきすチャイムがながれて だれもが一瞬いっしゅん まぶたじるけど

そう ぼくらこれから別々べつべつみちあるいて あたらしい日々ひびなか
ゆめのカケラをつなぐたびに みんなの笑顔えがお背中押せなかおすだろう

体育館たいいくかんすみわすれられたままの よごれたバスケットボール
こえてくるのは仲間なかまたちのこえらした あのの「がんばれ」

屋上おくじょうへとつづ階段かいだん一段飛いちだんとばしでがる
夕陽ゆうひなか町並まちなみを ゆっくり見渡みわたす まぶしさにほそめて

そう ぼく明日あすがどんなみちだとしても それでも必死ひっしになってもがくだろう
ゆめのトビラをたたきながら あふれるおもいをさけつづけるよ

ひらひら はな いま さくらとき
季節きせつがゆき ってしまっても また ここでめぐえる

そう ぼくらこれから別々べつべつみちあるいて あたらしい日々ひびなか
ゆめのカケラをつなぐたびに みんなの笑顔えがお背中押せなかおすだろう

そう ぼくらこれから別々べつべつみちあるいて あたらしい日々ひびなか
ゆめのトビラをたたきながら みんなの笑顔えがおおもすだろう

みんなの笑顔えがおおもすだろう…