1. 紫陽花の詩歌詞

「紫陽花の詩」の歌詞 サスケ

2004/10/6 リリース
作詞
北清水雄太
作曲
北清水雄太
文字サイズ
よみがな
hidden
突然とつぜんとおあめきみにぎはしして
図書館としょかん屋根やねしたんだけど

れたシャツにもせずに わらきみをもっとてたくて
このときつづけばいい そうねがった

きみつよきしめたい ふるえるこのうで
あめよどうかつづいて ぼく決心けっしんがつくまでは

窓際まどぎわせきすわりたばかりのほんひらいて
肩寄かたよせて こえひそめ 内緒ないしょはなし

きみのそばにずっといたい 明日あした明後日あさって
あめよどうかつづいて きみとこうしていたいから

とおりゆくバス またひと見送みおくる…

きみつよきしめたい ふるえるこのうで
あめよどうかつづいて ぼく決心けっしんがつくまでは

きみのそばにずっといたい 明日あした明後日あさって
あめよどうかつづいて きみとこうしていたいから