「TIME」の歌詞 サスケ

2007/11/7 リリース
作詞
北清水雄太
作曲
北清水雄太
文字サイズ
よみがな
hidden
あかりもつけずソファにもたれて 突然とつぜんの「さよなら」かかえてるぼく
おとのない部屋へやきみからもらった壁時計かべどけいだけがいまきざんでいる

去年きょねんBIRTHDAY行バースデイいきつけのパスタてん おくれたぼくるテーブルのきみ
背中せなかかくしたプレゼントえて あわてた姿すがた とても可愛かわいくて

2ふたつのはりおなじリズムで ずっとすすんできたのに
いつからだろう きみ僕追ぼくおして もうかさなることはない

ねがいがひとかなうなら 二人ふたりをどうかめぐわせはしないで
雑踏ざっとうなかで もしもわらないままの姿すがた かけたとしたら
ぼくはまた きみこいしてしまうから

真夜中行まよなかいいた高台たかだい駐車場ちゅうしゃじょう 他愛たあいなくしゃべつづけてたくるまなか
あてもないぼくらとひろがる街並まちなみを 気付きづけば朝日あさひつつんでた

二人ふたりはりおな未来みらいをきっとしめしてきたのに
どうしてだろう きみぼくからはなれ もうくことはない

ねがいがひとかなうなら 二人ふたり2度にどめぐわせはしないで
人混ひとごみのなかでいつか素敵すてきなままの笑顔えがお つけたとしたら
きみをすぐにんでしまうから

ねがいがひとかなうなら 二人ふたりをどうかめぐわせはしないで
雑踏ざっとうなかで もしもわらないままの姿すがた かけたとしたら
ぼくはまた きみこいしてしまうから

人混ひとごみのなかでいつか素敵すてきなままの笑顔えがお つけたとしたら
ぼくはまた きみこいしてしまうから