「会いたかった少女」の歌詞 サニーデイ・サービス

1996/2/21 リリース
作詞
曽我部恵一
作曲
曽我部恵一
文字サイズ
よみがな
hidden
まぶしいざしのもとはじつはきみだったんで
おもわずひるんでしまったぼくです
こころ太陽たいようるように昼下ひるさがりのかぜってんできます

つめるとまぶしすぎてをつむってしまうほど
っているんだ ずっとぼくがいたかった少女しょうじょ
くらくら とろけるようなくちづけゆめているぼくです
めらめらとえるようなこいゆめている今日きょうこのごろ

正午しょうごすぎのバスにゆらりゆられてきみにいに
うれしくなるようななんです
昼下ひるさがりのかぜのようにさきれず人知ひとしれず
きみへんできます

つめるとかなしすぎてをつむってしまうほど
っていたんだ ずっとぼくがいたかった少女しょうじょ
くらくら とろけるようなくちづけゆめているぼくです
めらめらとえるようなこいゆめている今日きょうこのごろ

くらくら とろけるようなくちづけゆめているぼくです
めらめらとえるようなこいゆめている今日きょうこのごろ
こころにはそんな太陽たいようがいっぱい
さきはだれにもおしえないまま