「恋におちたら」の歌詞 サニーデイ・サービス

1995/11/21 リリース
作詞
曽我部恵一
作曲
曽我部恵一
文字サイズ
よみがな
hidden
れたあさにはきみをさそって何処どこかへ
きたくなるような気分きぶんになったりする
だれかとはなしたくてぼくはそとるんだ
みたくなるようなまちてみるんだ

どこかのいえいたレモンいろはなひとつ
みやげにしてそっときみにせたいんだ
ながかみばなかざりどんなかぜうつるだろうと
かんがえるみちすがら いとしさひろがるんだ

ひるにはきっときみとこいにおちるはず
よるになるとふたりはわかれるんだから
こいする乙女おとめのようなこんなれた
きみをむかえに きみをむかえにくよ

はねをひろげたそらりとるようなくもひとつ
ゆっくりとながれてこころきざ
あさ目覚めざめたかぜはきみにとどいただろうか
そのかみかぜにまかせ きみはぼくをつんだ

ひるにはきっときみとこいにおちるはず
よるになるとふたりはわかれるんだから
こいする乙女おとめのようなこんなれた
きみをむかえに きみをむかえにくよ