「真赤な太陽」の歌詞 サニーデイ・サービス

1996/2/21 リリース
作詞
曽我部恵一
作曲
曽我部恵一
文字サイズ
よみがな
hidden
こいまぶしさの予感よかんがずっと
つきまとうようなこんな季節きせつには
ささやあい言葉ことばもひとりでに
あるすようなそんな一日いちにちだってあるんだ

真赤まっか太陽たいようがちょっとわらった
くすぐったいようなみをげて
あい言葉ことばしたたちれば
二人ふたりあるとおりをらすんだ

かぜ二人ふたりこころつかんではひどくさぶって
表通おもてどおりで二人ふたりはからからからまわりするんだ

ぼくの大好だいすきな彼女かのじょれて
とおりをあるけばみんなかえ
あるつかれたらそこの珈琲屋こーひーや
やすりしてほかおんなむすめるんだ

真赤まっか太陽たいようもちょっとわらった
西にしひがしもないような昼下ひるさが
あい言葉ことばしたたちれば
二人ふたりあるとおりをらすだけ

カフェの窓際まどぎわこしかけ わか二人ふたりなにおも
こいする二人ふたりはいつでもからからからまわりするんだ