「夏のちから」の歌詞 ザ・ベイビースターズ

2004/12/1 リリース
作詞
市川洋介
作曲
高橋りきや
文字サイズ
よみがな
hidden
なつのちからでぼくらは出会であえた
高鳴たかなむねおさえきれない
半袖はんそで心細こころぼそくなっても
わることはないから ぼくらのなつ

それははる彼方かなた奇跡きせき
つよ日射ひざねまわるころ
みちはいつもただぐで
ひるよる永遠えいえんのまま

あんなにもりた毎日まいにち
もう二度にどもどれないけど

なつのちからでぼくらは目覚めざめた
ひかりかぜ背中押せなかおされた
記憶きおくなか笑顔えがおがあふれて
がつくとわらってた あのころのように

無邪気むじゃきすぎた二人ふたりこい
れるたびにすこしほどけた

あんなにもきずつけあった 二人ふたり
いまはただまぶしくて

なつのちからでぼくらは目覚めざめた
わすれてた季節きせつとりもどせた
ばかげたゆめおろかな勇気ゆうき
あざやかによみがえる

なつのちからでぼくらは出会であえた
高鳴たかなむねおさえきれない
半袖はんそで心細こころぼそくなっても
わることはないから ぼくらのなつ