1. 「涙の温度」歌詞

「「涙の温度」」の歌詞 シド

2007/12/5 リリース
作詞
マオ
作曲
御恵明希
文字サイズ
よみがな
hidden
突然とつぜんあめのせいで れたまま うつむく きみ
つつむバスタオルに ぼくは なれるかな

だれだってみんなおなじさ うんわるかっただけさと
気休きやすめの言葉ことばひとつなんて なんやくにもたたない そんなよる

きしめてあげる このうたつかれたら ねむればいい
傷口きずぐち二人ふたりでうめればいい ゆっくりさ

ぼくだってつよくないし おもうよりずっとほそ
全部ぜんぶ てほしい

きみにとって 特別とくべつ場所ばしょでありたい ねがうよ
まよって もがいても こたえはひとつ ただ あるだけでいい きみこえ

きしめてほしい このうたよろこびの日々ひび きる意味いみ
ぼくのことをきな きみき それだけ

才能さいのうひとえんじた過去かこのこと 「努力どりょくひと」とみとめてくれたよね
うれしくてつい あふれた なみだ温度おんどは ずっと わすれない

きしめてあげる このうたつかれたら ねむればいい
きずあとも いつかはわらえるさ きっと

いま きしめてほしい このうたよろこびの日々ひび きる意味いみ
いだしたぼくらは もうなにこわくない こわくない